法面排水構造

Abstract

【課題】簡単な工夫でもって、集中豪雨等が生じても、水路や集水桝が落ち葉類で閉塞されるのを極力回避し、法面崩壊を未然に防止することができるようにする。 【解決手段】法面1の傾斜方向に縦排水溝を形成し、法面1の小段3に沿って長手方向に小段排水溝4を形成し、小段排水溝4と縦排水溝との合流地点に集水桝を設け、これにより水路工を形成している。小段3近傍の法面1上の斜面1aから小段3に架けて小段排水溝4を跨ぐように、第1の網目状部材7が傾斜状に配されている。 【選択図】図3

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (4)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2006132250-AMay 25, 2006Public Works Research Institute, 独立行政法人土木研究所地表水排水路の閉塞防止目皿
      JP-2012215003-ANovember 08, 2012West Nippon Expressway Co Ltd, Ecopro Kk, 有限会社エコプロ, 西日本高速道路株式会社法面排水溝
      JP-S5332904-AMarch 28, 1978Toyo Kiso Kougiyou Kk, Kunimitsu YamadaMethod of protecting face of slope and protecting block
      JP-S61184791-UNovember 18, 1986

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle