アルミナ質繊維及びアルミナ質繊維集合体

  • Inventors:
  • Assignees: デンカ株式会社
  • Publication Date: January 26, 2017
  • Publication Number: JP-WO2014115814-A1

Abstract

過酷な使用環境下においても、長期間に亘り弾性を維持してハニカム担体を固定できるアルミナ質繊維及び該繊維からなるアルミナ質繊維集合体を提供する。アルミナ70〜98質量%、シリカ2〜30質量%で、平均繊維径が3.0〜8.0μm以下、かつ繊維径が10μmを超える繊維の割合が本数基準で5%以下で、さらに繊維毎に含まれるムライト結晶子の大きさが10〜1500Åのアルミナ質繊維であり、該繊維を用いてアルミナ質繊維集合体とすることにより、自動車用ハニカム担体の把持材における課題を解決する。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (4)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-H10183427-AJuly 14, 1998Jiibetsuku Internatl Corp:Kk, Taimei Kagaku Kogyo Kk, 大明化学工業株式会社, 株式会社ジーベックインターナショナルコーポレーション加工材用セラミック繊維とその製造方法並びに加工材
      JP-S60106942-AJune 12, 1985Isolite Babcock Taika KkFiber reinforced light metal
      WO-03072876-A1September 04, 2003Mitsubishi Chemical Functional Products, Inc.Agregat de fibres ceramiques
      WO-2004003276-A1January 08, 2004Denki Kagaku Kogyo Kabushiki KaishaInorganic staple fiber accumulation for holding material, process for producing the same and holding material

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle